仮想通貨で資産運用

ビットレンディングの始め方 | 送金手数料無料で済ませる方法

今回はビットレンディングの具体的な始め方について解説していきます。

今回の記事はこんな人におすすめです。

  • 無料でビットレンディングを始めたい人
  • 1から利用方法を教えて欲しい人
  • ひとりで進められるか不安な人

この記事では、ビットレンディングの具体的な始め方について解説しています。

すず

手数料無料で始める方法も公開しています

∞ ∞ ∞

∞ ∞ ∞

step.1 利用申込みを行う

公式サイトへアクセスし、【お申し込みはこちら】をタップします。

>>【無料】ビットレンディングを見てみる

メールアドレスを入力し、規約の同意にチェックを入れて、【登録する】をタップします。

届いたメールに記載されているURLをタップします。

ここからは、基本情報を入力していきます。

すべての入力が完了したら、確認画面が表示されるので、【この内容で申し込む】をタップします。

ここからは、本人確認資料の提出に移ります。

丁寧な案内があるので、指示に従って、資料の提出と顔写真の撮影を行います。

すず

私は、申込み当日に本人確認が完了しました

step.2 貸出(レンディング)する

本人確認が完了したら、さっそく貸出(レンディング)を始めていきます。

まずは、公式サイトへログインし、【暗号資産を貸し出す】をタップします。

以下から、貸出したい通貨を選択します。

貸出したい通貨の枚数を申請すると、送金用のアドレスが表示されるので、そのアドレスに該当の通貨を送金すれば、自動で運用が開始されます。

通貨の価格によって、貸出可能な最低金額は変動するので、こちらのサイトにて、現在の金額を確認することも可能です。

>>価格をシュミレーションしてみる

※重要※ 送金手数料について

貸出したい通貨を送金する前に、送金手数料について理解しておく必要があります。

ビットレンディングは、レンディングサービスのみを提供しているプラットフォームです。

そのため、貸出する仮想通貨の購入は他社で行い、そこからビットレンディングへ送金する必要があります。

ただ残念なことに…

その送金には、数千円程度の送金手数料が必要になります…!

▼大手取引所のビットコイン送金手数料

▼大手取引所のイーサリアム送金手数料

このようにビットコインやイーサリアムを送金するだけで、数千円の手数料を払っていたら、せっかくのレンディングが無駄になってしまいます。

そこで、この問題を解決するのがGMOコインです…!

GMOコインなら仮想通貨の送金手数料が0円なので、余計な手数料が不要で済みます。

今からレンディング分の通貨を購入する方は、送金手数料を見越して、必ずGMOコインを利用しましょう!

\ 最短5分で取引開始可能 /

コインチェックで買ったビットコインを貸出したいのに…

このように、GMOコイン以外で購入済みの通貨を貸出したい方もいますよね。

その場合は、貸出して得られる利息と手数料を把握した上で、開始するかを決めましょう!

すず

手数料が高くて、最終的にマイナスだった…というのは避けたいですね。

今回はGMOコインを使って、手数料完全0円で済ませる方法を紹介したいと思います。

ただ、ビットレンディングへの送金方法は、GMOコイン以外の取引所でも同様なので、是非参考にしてみてください。

以下、3種類の通貨をビットレンディングへ貸出しました。それぞれの貸出方法を解説していますので、タップでジャンプが可能です。

ビットコイン(BTC)

イーサリアム(ETH)

ユーエスディーコイン(USDC)

ビットコイン(BTC)を貸し出す

このパートでは、ビットコイン(BTC)の貸出を行う手順を説明していきます。

ビットレンディングで事前申請

まず事前に、ビットレンディングより申請を行っておきます。

公式サイトへログインし、【暗号資産を貸し出す】をタップします。

貸出予定の枚数を入力し、【入力内容確認】→【この内容で申し込む】で完了です。

【入金アドレスを確認する】をタップします。

【貸出アドレス】に申請している枚数のビットコインを送金することで、自動でレンディングが開始します。

以上で、事前準備は完了です。

ここからは実際に、ビットコインの購入・送金を行っていきましょう。

日本円を入金する

まず最初に、日本円の入金を行います。

GMOコインアプリホーム画面より【日本円入出金】をタップします。

入金方法は、以下2種類より選択できます。

  • 即時入金 <<無料>>おすすめ
  • 振込入金

【即時入金】だと、手数料無料&待ち時間なしで入金することが可能です。

以下のネット銀行口座をお持ちでない場合は、もう一つの【振込入金】で振込を行いましょう!

【振込入金】だと、GMOあおぞらネット銀行へ振込を行います。

ビットコインを購入する

入金が完了したら、ビットコインを購入します。

画面右下のボタン → 左上【取引所現物】→【BTC】をタップします。

右上の【注文】をタップします。

【成行】を選択し、【取引数量】に購入したいビットコインの数量を入力、【確認画面へ】をタップします。

【成行】… 現在価格ですぐに購入できるので、おすすめです!

確認画面が表示されるので、良ければ【注文確定】を選択します。

以上で、ビットコインの購入は完了です。

ビットレンディングへ送金する

ビットコインが購入できたら、ビットレンディングより案内されたアドレスに送金します。

画面下【保有/履歴】→ 現物一覧の【BTC】をタップします。

【預入/送付】をタップします。

【ビットコイン】をタップします。

ビットレンディングへビットコインを送金するアドレスを登録します。

【+新しい宛先を追加する】をタップします。

宛先はビットレンディングなので、【GMOコイン以外】を選択します。

ビットレンディングはサービスなので、【取引所・サービス】を選択します。

【ご本人さま】を選択します。

確認画面に表示されるので、良ければ【宛先情報の登録画面へ】をタップします。

次に宛先情報の詳細を入力します。

  • 【宛先名称(ニックネーム)】は、何でもOKです
  • 【ビットコインアドレス】は、ビットレンディングより指定されたアドレス
  • 【送付先の名称】は、以下と同様の入力で問題ありません

※ビットレンディング公式サイトの画面です。

先ほどの【ビットコインアドレス】というのは、以下の【貸出アドレス】のことです。

登録情報が表示されるので、良ければ【確認画面へ】をタップします。

確認画面が表示されるので、良ければ【登録する】をタップします。

確認メールが送信されるので、メールボックスを開きます。

記載されているURLリンクを開きます。

再度内容を確認し、良ければ【認証を完了する】をタップします。

登録した送金先アドレスをタップします。

「宛先アドレスの登録はまだ完了していません」と表示される場合は数分待ってみると登録が完了します。

ここで送金する予定のビットコインの数量を入力し、2段階認証コードを発行します。

SMSがすぐに届くので、入力ができたら、【確認画面へ】をタップします。

確認画面が表示されるので、【実行】をタップします。

以上で、ビットコインの送金(貸出)は完了です。

イーサリアム(ETH)を貸し出す

このパートでは、イーサリアム(ETH)の貸出を行う手順を説明していきます。

ビットレンディングで事前申請

まず事前に、ビットレンディングより申請を行っておきます。

公式サイトへログインし、【暗号資産を貸し出す】をタップします。

貸出予定の枚数を入力し、【入力内容確認】→【この内容で申し込む】で完了です。

【入金アドレスを確認する】をタップします。

【貸出アドレス】に申請している枚数のビットコインを送金することで、自動でレンディングが開始します。

以上で、事前準備は完了です。

ここからは実際に、イーサリアムの購入・送金を行っていきましょう。

日本円を入金する

まず最初に、日本円の入金を行います。

GMOコインアプリホーム画面より【日本円入出金】をタップします。

入金方法は、以下2種類より選択できます。

  • 即時入金 <<無料>>おすすめ
  • 振込入金

【即時入金】だと、手数料無料&待ち時間なしで入金することが可能です。

以下のネット銀行口座をお持ちでない場合は、もう一つの【振込入金】で振込を行いましょう!

【振込入金】だと、GMOあおぞらネット銀行へ振込を行います。

イーサリアムを購入する

入金が完了したら、イーサリアムを購入します。

画面右下のボタン → 左上【取引所現物】→【ETH】をタップします。

右上の【注文】をタップします。

【成行】を選択し、【取引数量】に購入したいイーサリアムの数量を入力、【確認画面へ】をタップします。

【成行】… 現在価格ですぐに購入できるので、おすすめです!

確認画面が表示されるので、良ければ【注文確定】を選択します。

以上で、イーサリアムの購入は完了です。

イーサリアムをビットレンディングへ送金する

イーサリアムが購入できたら、ビットレンディングより案内されたアドレスに送金します。

画面下【保有/履歴】→ 現物一覧の【ETH】をタップします。

【預入/送付】をタップします。

【イーサリアム】をタップします。

ビットレンディングへイーサリアムを送金するアドレスを登録します。

【+新しい宛先を追加する】をタップします。

宛先はビットレンディングなので、【GMOコイン以外】を選択します。

ビットレンディングはサービスなので、【取引所・サービス】を選択します。

【ご本人さま】を選択します。

確認画面に表示されるので、良ければ【宛先情報の登録画面へ】をタップします。

次に宛先情報の詳細を入力します。

  • 【宛先名称(ニックネーム)】は、何でもOKです
  • 【イーサリアムアドレス】は、ビットレンディングより指定されたアドレス
  • 【送付先の名称】は、以下と同様の入力で問題ありません

※ビットレンディング公式サイトの画面です。

先ほどの【イーサリアムアドレス】というのは、以下の【貸出アドレス】のことです。

登録情報が表示されるので、良ければ【確認画面へ】をタップします。

確認画面が表示されるので、良ければ【登録する】をタップします。

確認メールが送信されるので、メールボックスを開きます。

記載されているURLリンクを開きます。

再度内容を確認し、良ければ【認証を完了する】をタップします。

登録した送金先アドレスをタップします。

「宛先アドレスの登録はまだ完了していません」と表示される場合は数分待ってみると登録が完了します。

ここで送金する予定のイーサリアムの数量を入力し、2段階認証コードを発行します。

SMSがすぐに届くので、入力ができたら、【確認画面へ】をタップします。

確認画面が表示されるので、【実行】をタップします。

以上で、イーサリアムの送金(貸出)は完了です。

ユーエスディーコイン(USDC)を貸し出す

このパートでは、ユーエスディーコイン(USDC)の貸出を行う手順を説明していきます。

すず

ちなみに『USDT』も同様の方法でOKです

USDCは、国内取引所での取扱いがありません。

そのため、海外取引所でUSDCを購入し、そこからビットレンディングへ送金する必要があります。

USDCを手に入れるには、以下の手順を踏む必要があります。

  1. 国内取引所で代理の仮想通貨を購入
  2. 代理の仮想通貨を海外取引所へ送付
  3. 海外取引所内で代理の仮想通貨とUSDCを両替(やっと手に入る…!)

この代理の通貨は、リップル(XRP)という仮想通貨を使用します。

リップルは、手数料が安く(or 無料)、送金スピードが早いという特徴があり、代理の通貨に適していると言えます。

国内取引所でリップルを購入し、両替を行うために海外取引所へ送金しますが、その際に手数料が必要です。

そのため、今回は送金手数料無料GMOコインで行っていきます。

ビットレンディングで事前申請

まず事前に、ビットレンディングより申請を行っておきます。

公式サイトへログインし、【暗号資産を貸し出す】をタップします。

貸出予定の枚数を入力し、【入力内容確認】→【この内容で申し込む】で完了です。

※手数料の安い【TRC-20】を選択してください。

【入金アドレスを確認する】をタップします。

【貸出アドレス】に申請している枚数のUSDCを送金することで、自動でレンディングが開始します。

以上で、事前準備は完了です。

ここからは実際に、USDCの購入・送金を行っていきましょう。

日本円を入金する

まず最初に、日本円の入金を行います。

GMOコインアプリホーム画面より【日本円入出金】をタップします。

入金方法は、以下2種類より選択できます。

  • 即時入金 <<無料>>おすすめ
  • 振込入金

【即時入金】だと、手数料無料待ち時間なしで入金することが可能です。

以下のネット銀行口座をお持ちでない場合は、もう一つの【振込入金】で振込を行いましょう!

【振込入金】だと、GMOあおぞらネット銀行へ振込を行います。

リップルを購入する

入金が完了したら、リップルを購入します。

画面右下のボタン → 左上【取引所現物】→【XRP】をタップします。

右上の【注文】をタップします。

【成行】を選択し、【取引数量】に購入したいリップルの数量を入力、【確認画面へ】をタップします。

【成行】… 現在価格ですぐに購入できるので、おすすめです!

確認画面が表示されるので、良ければ【注文確定】を選択します。

以上で、リップルの購入は完了です。

リップルを海外取引所バイナンスへ送金する

リップルが購入できたら、海外取引所バイナンスへ送金します。

画面下【保有/履歴】→ 現物一覧の【XRP】をタップします。

【預入/送付】をタップします。

【リップル】をタップします。

バイナンスへリップルを送金するアドレスを登録します。

【+新しい宛先を追加する】をタップします。

宛先はバイナンスなので、【GMOコイン以外】を選択します。

バイナンスはサービスなので、【取引所・サービス】を選択します。

【ご本人さま】を選択します。

確認画面に表示されるので、良ければ【宛先情報の登録画面へ】をタップします。

次に宛先情報の詳細を入力します。

  • 【宛先名称(ニックネーム)】は、何でもOKです
  • 【リップルアドレス】は、バイナンスより指定されたアドレス
  • 【宛先タグ】は、バイナンスより指定されたTag(タグ)
  • 【送付先の名称】は、以下と同様の入力で問題ありません

【リップルアドレス】と【宛先タグ】は、バイナンスよりコピーする必要があるので、後述しています。

※ここからはバイナンスアプリ画面に切り替わります。

画面右下【ウォレット】→【入金】をタップします。

画面上部にある検索窓で『xrp』と検索すると【XRP】が挙がってくるので、タップします。

ネットワークが表示されるので、【Ripple】をタップします。

ここを間違えると、保有しているリップルが消滅してしまう可能性があるので、注意してください。

【リップルアドレス】と【宛先タグ】が表示されます。

これらをコピーし、先ほどのGMOコインの登録画面に貼り付けます。

※ここからは、GMOコインアプリ画面に戻ります。

登録情報が表示されるので、良ければ【確認画面へ】をタップします。

確認画面が表示されるので、良ければ【登録する】をタップします。

確認メールが送信されるので、メールボックスを開きます。

記載されているURLリンクを開きます。

再度内容を確認し、良ければ【認証を完了する】をタップします。

登録した送金先アドレスをタップします。

「宛先アドレスの登録はまだ完了していません」と表示される場合は数分待ってみると登録が完了します。

ここで送金する予定のリップルの数量を入力し、2段階認証コードを発行します。

SMSがすぐに届くので、入力ができたら、【確認画面へ】をタップします。

確認画面が表示されるので、【実行】をタップします。

以上で、リップルの送金は完了です。

1分もしない内に、リップルがバイナンスに届きました。

リップルをUSDCへ両替する

バイナンスへ送ったリップルをUSDCへ両替します。

バイナンスアプリのウォレットを開き、【XRP】をタップします。

画面中央にトレードの組み合わせが表示されているので、【もっと表示】をタップします。

検索窓で【XRP】を入力し、【XRP/USDC】をタップします。

すず

『USDT』を貸出したい場合は、【XRP/USDT】を選択します!

(リップルを売って、USDCを買うので)【売却】をタップします。

USDCに両替したいリップルの数量を入力し、【XRP売却】をタップします。

以上で、リップル→USDCへの両替は完了です。

リップルをビットレンディングへ送金する

USDCが購入できたら、ビットレンディングより案内されたアドレスに送金します。

※バイナンスアプリ画面です。

バイナンスアプリのウォレットを開き、【USDC】をタップします。

画面下【出金】をタップします。

【仮想通貨ネットワーク経由で送信】をタップします。

様々なネットワークが表示されますが、【Tron(TRC20)】を選択します。

事前にビットレンディングに申告しているネットワーク(Ethereum or Tron)を必ず選択してください。

次に宛先情報の詳細を入力します。

  • 【アドレス】は、ビットレンディングより指定されたアドレス
  • 【ネットワーク】は、先ほど選択したもの(今回は『Tron』)
  • 【金額】は、貸出したいUSDCの枚数+1

バイナンスからUSDCを送金する場合、1USDCが手数料として必要です。

※ビットレンディング公式サイトの画面です。

先ほどの【アドレス】というのは、以下の【貸出アドレス】のことです。

内容(※特にネットワーク)が確認できたら、【確認】をタップします。

すべての認証が完了したら、【提出】をタップします。

以上で、USDCの送金(貸出)は完了です。

よくある質問

ここでは、よくある質問や私が実際に利用して感じた疑問点について、回答していきたいと思います。

すず

何か疑問がある方は、こちらの記事にコメント or Twitterよりdmで対応させていただきます!

USDCとUSDTの送金ネットワーク

USDCとUSDTを貸出申請する場合、ネットワークを2種類から選択することができます。

すず

分かりやすく例えると、電車でJR線か地下鉄のどちらを使うか?ということです。

(TRC-20)が断然おすすめです!

▼海外取引所『Binance』からの出金手数料

バイナンスビットレンディングへ送金する場合に手数料が必要です。

【ERC-20】は【TRC-20】の5~10倍ほどの手数料が必要なので、断然【TRC-20】がおすすめです!

まとめ:レンディングで利息をもらおう!

いかがでしたでしょうか。

コインチェックなどの取引所が提供しているレンディング(貸出)サービスよりは、少々手間があるかもしれません。

ただし、ビットレンディングだと圧倒的な高年利で運用することが可能です!

どうせ運用するなら、リターンが大きい方が良いですよね。

ガチホしているなら、利息をもらわないともったいないです!!!

貸出期間に対して利息が支払われるので、迷っているなら、早めに始めちゃいましょう!

>>【無料】ビットレンディングを見てみる

ABOUT ME
すず
脱サラしてブロガーに転身した26歳すずです。キーエンスを辞めたくて、資産運用を開始。つみたてNISA→国内・米国株を3年経験、2020年に初めてビットコインを購入。「仮想通貨に興味があるんだけど、何からすればいいかな?」そんな友人に勧められるブログを運営します☆「まわりに仮想通貨をしている人がいないから聞ける人がいない…」こんな方は質問など気楽にリプやDMお待ちしています!私も仮想通貨を始めた頃は心細かったので、そんな方たちをサポートしたいです^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA