仮想通貨の始め方

仮想通貨のスプレッドは高すぎる!?概要と対策方法を徹底解説

今回は仮想通貨のスプレッドの概要と対策方法について解説していきます。

この記事を読むことで、以下のことが理解できます。

  • スプレッドの概要と発生する理由
  • スプレッドと手数料の違いについて
  • スプレッドを避けて仮想通貨の取引をする方法

スプレッドとは、簡単にいうと手数料のようなものです。

どのような投資でも手数料は必要ですが、仮想通貨でのスプレッドの額は非常に大きく、知識の無い状態で進めると、失敗してしまう可能性があります。

このようなことを避けるために…

今回の記事では、仮想通貨におけるスプレッドついて徹底解説します!

この記事を読むことで、失敗することなく効率良く、仮想通貨投資を始めることができるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

★9/30まで!お得なキャンペーン実施中★

今なら口座開設&入金(1円以上でOK)で、1,500円分のビットコインがもらえます!

自分のお金はほぼ使わず、リスクゼロで仮想通貨投資を始められる大チャンスです!

>>【無料】コインチェックを見てみる

∞ ∞ ∞

∞ ∞ ∞

スプレッドとは?

スプレッドとは、購入価格と売却価格の差分のことです。

以下は、ある時点でのビットコインの購入・売却価格です。(参考:コインチェック

購入レート:3,258,602円

売却レート:3,067,672円

スプレッド:190,930円(※購入レート – 売却レートで算出)

(ex.)購入の場合、本来の価格よりもスプレッドが上乗せされた金額が購入価格となります。

スプレッドとは手数料のようなもので、今回のケースだと…

あなたが1ビットコインを購入した時点で、約19万円の損失が発生するということです…。

そのため、ビットコインの価格がスプレッド分の19万円以上値上がりしない限り、利益はマイナスとなります。

スプレッドが大きい=ユーザーにとって不利であるという認識を持っておきましょう!

スプレッドは仮想通貨取引所ごとで異なる

スプレッドの大小は、仮想通貨取引所ごとで異なります。

実際にいくつかの取引所のスプレッドを確認してみましょう!

※スクショのタイミングは同じです。

コインチェックでのスプレッド差分は、186,896円です。

GMOコインのスプレッド差分は、154,982円です。

このように同じタイミングであっても、取引所によってスプレッドは異なります。

「だったら1番スプレッドが小さい取引所を使いたい!」と考えますが、これは難しいです。

スプレッドの価格や割合は常に固定されている訳ではないので、今日はA社の方が小さいけど、昨日はB社の方が小さかった!ということもあり得ます。

スプレッドと手数料の違いについて

スプレッドも実質的には手数料ですが、正確には意味合いが違うので、解説しておきます。

スプレッド:購入価格と売却価格の差分のこと

手数料:売買時の金額に対して、一定の割合で支払うもの

どちらも最終的には取引所へ支払うものですが、「スプレッド」パーセンテージは状況によって変動し、「手数料」はあらかじめ固定のケースが多いです。

スプレッドが発生する理由

スプレッドとは、仮想通貨取引所の利益です。

“スプレッド”と明記されていますが、内容は手数料のようなものです。

コインチェックなどの取引所は、仮想通貨をユーザーへ高く売り、ユーザーから安く買うことで差額分の利益を得ています。

すず

金額が明確なので、ぼったくられている感覚にはなりますが、手数料を上乗せして売るというのは、どのビジネスでも同じです!

必見】スプレッドを避けて売買する方法

スプレッドの影響で、仮想通貨を購入した時点で〇〇万円の損失…

このようなことをしていたら、いつまで経っても利益を出すことは難しくなります…。

しかし、「取引所」を利用することで、このスプレッドを避け取引することが可能です!

「取引所」を利用してスプレッドを回避

仮想通貨は、「販売所」「取引所」の2つの場所で売買することが可能です。

それぞれ特徴がありますが、簡単にまとめると違いは以下です。

販売所:仮想通貨取引所と取引する

取引所:仮想通貨取引所を経由し、ユーザー同士で取引する

そして、懸念であるスプレッドがかかるのは「販売所」での取引時のみとなります。

なぜなら、スプレッドを設定することで仮想通貨取引所は、利益を得ているからです。

そのため、ユーザー同士で取引を行う「取引所」を利用することで、高額なスプレッドを回避することができます!

「販売所」と「取引所」の違いについての詳細を知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

「取引所」は手数料が無料なのか?

「取引所」が良いのは分かったけど、「取引所」なら無料なの?

このように思った方は鋭いです…!

確かにユーザー同士の取引ではありますが、そのプラットフォームを提供しているのはコインチェックなどの仮想通貨取引所なので、「取引所」でも手数料は必要になります。

※一部、無料の取引所もあります。

ただし、「販売所」でのスプレッドほど高額ではなく、少額で済ませることが可能です。

コインチェックの「取引所」は、なんと手数料無料です!

※「Taker」「Maker」について、現在はスルーで問題ありません。

ビットフライヤーの「取引所」の手数料は0.01~0.15%です。

コインチェックの無料には劣りますが、それでも1%未満です。

多少の手数料はかかるものの、安ければ数十円~、高くても数千円に収まります。

そのため、仮想通貨の売買を行う際は、必ず「取引所」で行いましょう!

よくある質問

スプレッドとは?

スプレッドとは、購入価格と売却価格の差分のことです。

実質手数料なので、スプレッドが大きい(広い)ほど、ユーザーにとって不利になります。

そのため、スプレッドのかかる「販売所」は、できるだけ避けましょう!

スプレッドが1番小さい仮想通貨取引所は?

スプレッドは、銘柄ごとに異なり、厳密には時間帯でも大きく変わってきます。

そのため、スプレッドの1番小さい取引所というのは、常に変動します。

計算方法を知ることで、1番スプレッドの小さい取引所を見つけることは可能です。

スプレッドはどのように計算する?

スプレッドは、「販売所」での購入価格 – 販売価格で算出できます。

GMOコインのスプレッド差分は、154,982円です。

スプレッドを払いたくない…

「販売所」を利用する限り、スプレッドは避けられません。

スプレッド(手数料)を抑えたい方は、「取引所」を使用しましょう。

ただし、「販売所」でしか取扱いのない通貨が必要な場合は、比較的スプレッドの小さい仮想通貨取引所を選択しましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、仮想通貨投資でのスプレッドについて解説しました。

まとめ

スプレッドとは購入価格と売却価格の差分のこと

スプレッドの大小は仮想通貨取引所ごとで異なる

スプレッドがかかるのは「販売所」のみ

スプレッドとは、実質的には手数料です。

仮想通貨取引所ごとに大小は異なりますが、1~6%ほど掛かってくることになります。

投資において、手数料を抑えるというのは鉄則です。

そのため、基本的にはスプレッドのかからない「取引所」にて取引を行いましょう!

★9/30まで!お得なキャンペーン実施中★

今なら口座開設&入金(1円以上でOK)で、1,500円分のビットコインがもらえます!

自分のお金はほぼ使わず、リスクゼロで仮想通貨投資を始められる大チャンスです!

>>【無料】コインチェックを見てみる

ABOUT ME
すず
脱サラしてブロガーに転身した26歳すずです。キーエンスを辞めたくて、資産運用を開始。つみたてNISA→国内・米国株を3年経験、2020年に初めてビットコインを購入。「仮想通貨に興味があるんだけど、何からすればいいかな?」そんな友人に勧められるブログを運営します☆「まわりに仮想通貨をしている人がいないから聞ける人がいない…」こんな方は質問など気楽にリプやDMお待ちしています!私も仮想通貨を始めた頃は心細かったので、そんな方たちをサポートしたいです^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA