仮想通貨の始め方

【リップル推奨】国内取引所で取扱いのない通貨を購入する方法

∞ ∞ ∞

先日、友人ちーちゃんとこんな会話をしていました。

ちーちゃん

ある仮想通貨が欲しいんだけど、国内の取引所では取扱いがないみたい…
ビットコインとかを海外取引所へ送って、両替するんだよね?

すず

その必要があるね!ただ、ビットコインじゃなくてリップルを使用するのが断然おすすめだよ!

∞ ∞ ∞

ということで…

今回は国内取引所で取扱いのない通貨を購入する方法について解説します。

突然ですが、このような場面はありませんか?

ブロックチェーンゲーム専用の通貨が欲しいけど、国内取引所で取扱いがない…

海外取引所でしか上場していない仮想通貨に投資がしたい!

ビットコインやイーサリアムだと、国内取引所で購入することができますが、仮想通貨の中でも取扱いがあるのは、ほんの一部です。

例えば、私も保有しているバイナンスコイン(BNB)は国内取引所での取扱いがありません。

そのため購入したい場合は、以下の手順を踏む必要があります。

  1. 国内取引所で代理の仮想通貨を購入
  2. 代理の仮想通貨を海外取引所へ送付
  3. 海外取引所内で代理の仮想通貨とバイナンスコインを両替(やっと手に入る…!)

この代理の通貨って何でも良いの…?

結論から言うと…

リップル(XRP)が断然おすすめです。

以前、Twitterでアンケートを取ったところ、半数以上の人がリップルを使用しています。

そうすると、以下のような疑問が出てくるかと思います。

  • そもそもリップル(XRP)ってなに?
  • なぜリップル(XRP)を代理の仮想通貨として選択する?

まずは、これらについて解説します。

そして最後に、リップル(XRP)を使った『国内取引所で取扱いのない通貨を購入する方法』を解説します。

∞ ∞ ∞

∞ ∞ ∞

リップルとは?(特徴とメリット)

テクノロジー企業である『リップル社』が提供する、金融機関向け国際送金ソリューション『RippleNet』で利用されている仮想通貨のこと。

現段階で法定通貨を他国へ送る場合、高い手数料と長い期間が必要なので、その問題を解決する目的で開発された。

リップルの特徴をまとめると…

  • 送付スピードが早い
  • 送付手数料が安い(無料の場合もある)

ひとつずつ詳しく見ていきましょう!

送付スピードが早い

リップルの大きな特徴のひとつが、送金付与スピードが早いということです。

もともと、銀行間で行う法定通貨のスピード問題を解決するために生まれた仮想通貨なので、このような特徴があります。

仮想通貨の代表的なビットコインの送付時間は、理論上10分かかります。

すず

ただ、混雑のせいで40分ほどかかったこともあります…

これに対し、リップルはなんと10秒以内です!!!

慣れない仮想通貨の送付では、「失敗したんじゃないかな…?」とたった3分でも不安になるものです。

その点、リップルであれば10秒以内に送付が完了するので、取引所からの完了通知もだいたい1分程度で来ます。

また、仮想通貨の価格は、秒単位で変動します。

ただの代理の通貨として利用するだけなのに、送付に時間がかかって価格が下がってしまうというリスクも軽減できます!

こちらも考慮すると、取引がスムーズに進むリップルはとても便利な仮想通貨です。

送付手数料が安い(無料の場合もある)

リップルのもうひとつの特徴が、送付手数料が安いということです。

以下は、ビットフライヤーの送付手数料の一覧です。(※6/17時点レート)

なんと…

ビットフライヤーは、リップルの送付手数料は無料です!!!

また、コインチェックにおいても、リップルだと破格です。

例えリップルが過去最高値である、1XRP=270円になったとしても、送付手数料はたったの40.5円!!!

送付スピードに加え、手数料(費用)を抑えるには、もってこいの仮想通貨です。

海外送付時はリップルで決まり!

リップルについて理解できたところで、本題へ戻ります。

国内取引所で取扱いのない通貨を購入したい場合は、一度代理の仮想通貨を海外取引所へ送付する必要があります。

その際に必要な送付手数料は、できるだけ安く済ませる方が良いです。

そこで、この代理の仮想通貨は、リップルを使用することがおすすめです!

リップルを使用するメリットは、以下です。

  • 送付スピードが早いので、価格変動リスクが少ない
  • 送付手数料が安いので、無駄な費用を抑えられる

あくまでも最終目的の仮想通貨を購入するための、代理の仮想通貨です。

その際に使用する通貨は、早い&安いリップルで決まり!!!

すず

私も同様の場合は、100%でリップルを使用しています!

目的の通貨を購入する3ステップ

国内取引所で取扱いのない通貨の購入は、以下の3ステップで進めていきます。

それでは、1つずつ確認していきます。

step.1 国内取引所でリップルを購入

まず始めに、国内取引所でリップルを購入します。

リップルの購入は、ビットフライヤービットバンクがおすすめです。

>>【無料】ビットフライヤーを見てみる

>>【無料】ビットバンクを見てみる

step.2 海外取引所へリップルを送付

リップルが購入できたら、そのリップルを海外取引所へ送付します。

海外取引所ってどこが良いんだろう…

海外取引所とは言っても色々ありますが、代表的な海外取引所は以下2つです。

個人的には、資産運用の方法が豊富で、操作方法が分かりやすい『Binance』がおすすめです!

また、世界最大規模の取引所なので、情報や口コミが多いこともおすすめできる理由の1つです。

step.3 海外取引所で両替

国内取引所→海外取引所へ送付したリップルが届いたら、両替を行います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

仮想通貨投資をどんどん進めていくと、国内取引所での取扱いがない通貨が必要になる場面がやってきます。

私も以下の通貨を保有していますが、すべて海外取引所『Binance』で購入しました。

  • BNB(『Binance』が発行する仮想通貨)
  • USDT(ステーブルコイン)
  • USDC(ステーブルコイン)
  • BUSD(ステーブルコイン)

リップルを利用することで、目的の通貨を早く&安く手に入れられるので、是非参考にしてみてください。

ABOUT ME
すず
脱サラしてブロガーに転身した26歳すずです。キーエンスを辞めたくて、資産運用を開始。つみたてNISA→国内・米国株を3年経験、2020年に初めてビットコインを購入。「仮想通貨に興味があるんだけど、何からすればいいかな?」そんな友人に勧められるブログを運営します☆「まわりに仮想通貨をしている人がいないから聞ける人がいない…」こんな方は質問など気楽にリプやDMお待ちしています!私も仮想通貨を始めた頃は心細かったので、そんな方たちをサポートしたいです^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA