Flare

【自転車でも車でも稼げる】Flare(フレア)の概要・始め方・稼ぎ方

自転車や車に乗っていても稼げるFlare(フレア)というアプリがあるんだとか…!概要や始め方を知りたいな!

本記事では、このようなお悩みを解決します。

この記事を書いた人

今回は、Flare(フレア)の概要・始め方・稼ぎ方について解説します。

この記事で分かること

【自転車でも車でも稼げる】Flare(フレア)とは?

Flare(フレア)の始め方

Flare(フレア)の注意点

Flare(フレア)の使い方・稼ぎ方

Flare(フレア)でどれぐらい稼げるのか?

このFlare(フレア)とは、なんと仮想通貨SWEATを稼ぐことができるスマホアプリです!

そのため、スウェットコインと併用することでブーストして稼ぐことができます。

すず

SWEATとは、人気上昇中のスウェットコインで稼げる仮想通貨です!

もちろん完全無料なのでリスクはゼロ、初期設定も1分程度で始めることができます。

今ならアプリの登録のみで5SWEATが獲得できるので、さっそく始めていきましょう!

Flare(フレア)とは?

Flare(フレア)とは車や自転車などの乗り物に乗っているあいだでも稼ぐことができるスマホアプリです。

他にも、以下のような様々な乗り物やスポーツが対応しています。

サイクリング乗馬スキー
イーバイクスクーターモートバイク

すず

今までのアプリでは歩く・走ることのみが対象だったので凄いですね…!

Flare(フレア)には、大きく分けて2つの特徴があります。

Flare(フレア)の特徴

本来はロードセーフアプリ

仮想通貨SWEATを稼ぐことができる

ひとつずつ詳細を確認していきましょう!

本来はロードセーフアプリ

Flare(フレア)とは、本来ロードセーフアプリです。

運動中に利用者の危険を検知した場合、状況に応じて、事前に登録した連絡先へ緊急連絡を飛ばす目的で開発されました。このアプリを通して、事故軽減や救命活動へ繋げることを目指す、素晴らしいプロジェクトです。

Flare(フレア)が作動する流れ

Flare(フレア)がロードセーブアプリとして、作動する流れは以下です。

スマホからの振動や衝撃からユーザーの危険を検知します

応答式の安否確認が表示されるので30秒以内に回答します

回答がなければ事前に登録していた緊急連絡先へ位置情報などが送信されます

普段から通勤や外回りで、車などの乗り物を利用する人たちを守るためのアプリというわけですね。

実際にロードセーブアプリとして、Flare(フレア)を利用している企業も存在します。

欧州発のフードデリバリーサービスDeliveroo

欧州各国で展開しているフードデリバリーサービスDeliveroo(デリバルー)は、Flare(フレア)のパートナーシップ企業の1つです。

Flare(フレア)の特性を活かし、以下をメリットとしています。

ロードセーブアプリの導入でドライバーの安全確保に努められる

ドライバーが配達業務を通して副収入を得ることができる

後述しますが、Flare(フレア)は乗り物に乗っているあいだでも稼げるアプリです。

そのため、ドライバーが配達業務を行っているあいだにFlare(フレア)を起動させておくことで、仮想通貨を稼げるという大きなメリットがあります。

仮想通貨SWEATを稼ぐことができる

今回の記事の本題ですが、Flare(フレア)では仮想通貨SWEATを稼ぐことができます。

仮想通貨SWEATって確かあのアプリで稼げる…?

そうなんです…!

SWEATとは、話題のSweatcoin(スウェットコイン)で稼ぐことのできる仮想通貨です。

今1番勢いのある「Sweatcoin」

2022年9月中旬、SWEATは仮想通貨取引所へ上場し、日本円への換金も可能です。

Sweatcoinと併用して、Flare(フレア)を利用することでブーストしてSWEAT稼ぐことが可能になります。

Flare(フレア)の始め方(所要時間:1分)

それでは、実際にFlare(フレア)を始める手順を解説します。(所要時間:1分)

今なら招待コード【TYH367911】の入力で、5SWEATを獲得することが可能です!記事後半で、招待コードの入力方法を解説しているので、ぜひゲットしてくださいね。

まずは、公式サイトにアクセスして、アプリをインストールしましょう。

※こちらからのインストールでもOKです!

Flare - Personal Protection
Flare – Personal Protection
開発元:K-Safe Ltd.
無料
posted withアプリーチ

アプリのインストールが完了したら、【join for Free】をタップします。

会員登録方法は2つあります。

フェイスブックなどのSNSか、メールアドレスのどちらかを選択しましょう!

規約に同意するために、【Agree and Sign Up】をタップします。

緊急連絡先を入力する画面です。

SWEATを稼ぐための利用であれば、ご自身の名前と電話番号を入力しましょう。

「あなたを守るために位置情報を共有してください」的なことが書かれています。

【SHOW ME】をタップします。

【Appの使用中は許可】をタップします。

ロードセーフアプリとして利用する場合の設定画面です。

SWEATを稼ぐための利用であれば、【Skip】をタップします。

もしも事故などに遭い、緊急連絡が飛ぶことになった場合に通知される名前の設定です。

SWEATを稼ぐための利用であれば不要ですが、入力必須なので自分の氏名を入力します。

以上で、会員登録は完了です。

次の章で招待コードを入力して、5SWEATを獲得する方法を紹介しています!

招待コードの入力方法(5SWEATもらえます)

招待コードを入力して、5SWEATを獲得する方法を紹介します。

アプリ画面右下【Profile】→ 【Enter Referral Code】に招待コードを入力します。

招待コード【TYH367911

無事に入力が完了したら、以下のポップアップが出てきます。

事前準備:国内取引所で口座開設

今後、Flare(フレア)で稼いだSweatcoinが換金できるようになれば、国内仮想通貨取引所での口座開設が必要です。

せっかく稼いだSweatcoinを無駄にしないために、この機会に口座開設しておきましょう!

ビットフライヤーは操作方法が分かりやすく、初心者にもおすすめできる取引所です。

最短5分で申請登録ができるので、事前準備として口座開設しておきましょう!

\ 最短5分で口座開設 /

Flare(フレア)の注意点

実際に、Flare(フレア)を利用して稼ぐ前に注意点を理解しておきましょう!

Flare(フレア)の注意点

稼ぐにはアプリの起動が必要

稼いだSWEATはアプリ内のみで使用可能

ひとつずつ詳細を確認していきましょう!

稼ぐにはアプリの起動が必要

Flare(フレア)で稼ぐには、アプリを起動させる必要があります。

同じくSWEATを稼ぐことのできるSweatcoinの場合、アプリの起動は不要です。

ただし、Flare(フレア)の場合はアプリを起動させないと稼ぐことができないので、少々面倒だと感じることがあるかもしれません。

筆者の場合、あくまでもSweatcoinの+αだと考えています。歩くときはSweatcoinにお任せして、自転車で買い物へ行くときやドライブなど、そこそこの距離が稼げそうなときにFlare(フレア)を利用しています

稼いだSWEATはアプリ内のみで使用可能

現在、Flare(フレア)で稼いだSWEATはアプリ内でしか使用することができません。

ただし、SWEATを使ってAmazonギフト券や素敵な商品の抽選に参加できたりなど、様々なイベントが用意されています。

また、今後はSweatcoinのように実際に日本円への換金が可能になる可能性もあります。

そのため、Sweatcoinを普段から利用している方であれば、併用してFlare(フレア)も利用する価値はあるでしょう!

今後、Flare(フレア)で稼いだSweatcoinが換金できるようになれば、国内仮想通貨取引所での口座開設が必要です。

せっかく稼いだSweatcoinを無駄にしないために、この機会に口座開設しておきましょう!

\ 最短5分で口座開設 /

Flare(フレア)の使い方・稼ぎ方

Flare(フレア)の概要が理解できたところで、実際の使い方・稼ぎ方について解説します。

Flare(フレア)で稼ぐ手順は、以下の4STEPです。

Flare(フレア)で稼ぐ手順

アプリを起動し【START】ボタンを押す

移動・運動手段を選択する

スマホを身に着けて移動・運動を行う

【STOP】ボタンを押して終了

▼実際の操作手順

移動や運動を始める前に、アプリホーム画面の【START】をタップします。

移動や運動の種類を選択します。

ここからは実際に移動距離の集計が開始されて、SWEATを稼ぐことが可能になります。

そして、移動や運動が終了したら【STOP】をタップします。

以上が、日常的にFlare(フレア)を利用して稼ぐ方法です。

すず

開始と終了を操作するのは、STEPNと同様ですね!

SWEATの獲得履歴を確認する方法

アプリ画面左下【History】から、SWEATの獲得履歴を確認することが可能です。

Flare(フレア)でどれぐらい稼げるのか?

Flare(フレア)でどれぐらい稼ぐことが可能なのか?

これについては、移動・運動手段が都度変わることや、稼げる額に上限がないことから、正確に算出すのは難しいです。

そこで、筆者がFlare(フレア)で稼いだ実績を公開しますので、参考にしてみてください。

これはある日、私が自転車でお買い物に出かけた日に稼いだ履歴です。

ボタンを押して自転車に乗っていただけで、2.17SWEATを稼ぐことができました。

Sweatcoinで換算すると、2,000歩以上歩かないと稼げない額です。

自転車に乗っていれば、特にしんどいこともありませんし、ドライブなら尚更ですよね。

ちょっとした徒歩での移動時にアプリを起動させるのは非効率ですが、それなりの移動を行うときには、ぜひ利用したいところです!

Flare(フレア)と併用がおすすめなM2Eアプリ

2022年は、歩くだけで稼げるアプリが大流行しています。

そのため、様々なアプリを併用することで、効率的にたくさん稼ぐことが期待できますね。

Flare(フレア)と併用をおすすめできるM2E(Move to earn)アプリをご紹介します!

今1番勢いのある「Sweatcoin」

Sweatcoin(スウェットコイン)は、2022年後半で1番勢いのあるM2Eアプリです。

アプリの起動が不要で稼げることから継続しやすく、利用者は1億人を超えています。

1,000歩ごとに1SWEATという仮想通貨が獲得でき、2022年9月中旬に上場したので、しっかりと日本円への換金が可能です。

広告閲覧でSWEATが獲得できたり、抽選でAppleWatchやAmazonギフト券が当たることも…!

様々なイベントが用意されており、簡単に楽しく稼ぐことのできるM2Eアプリとなっています。

人気の仮想通貨がもらえる「ステラウォーク」

ステラウォークは、仮想通貨ステラルーメン(XLM)を稼ぐことができるM2Eアプリです。

こちらのアプリも起動不要で稼げるので、コツコツと継続しているユーザーが多いです。

稼ぐことのできるステラルーメン(XLM)は日本で人気急増中の仮想通貨で、大手取引所のコインチェックビットフライヤーで上場しています。

1日8,000歩を上限に、ダイヤモンドなどの鉱物を獲得することができ、その鉱物をステラルーメンと交換する仕組みです。

最近では、ロッテリーという宝くじ機能も実装され、Sweatcoin同様、簡単に楽しく稼ぐことのできるM2Eアプリです。

まとめ:Sweatcoinと併用にぴったり

いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、乗り物に乗っているあいだでも稼ぐことができるFlare(フレア)について解説しました。

結論、Flare(フレア)はSweatcoinと併用して利用したいスマホアプリです。

まとめ

乗り物に乗っているあいだでも稼ぐことができる

Sweatcoin同様、SWEATが稼げる

稼ぐにはアプリの起動が必要

現在はアプリ内でのみSWEATの利用が可能

乗り物に乗っていても稼ぐことのできるスマホアプリは、Flare(フレア)だけです。

また、SWEATを稼ぐことが可能なので、Sweatcoinと併用して利用することもおすすめできます!

すず

ドライブだと長時間になるので、たくさん稼ぐことができますね!

今なら招待コード【TYH367911】の入力で、5SWEATを獲得することが可能です!しっかりと入力を行って、ぜひゲットしてくださいね。

Flare - Personal Protection
Flare – Personal Protection
開発元:K-Safe Ltd.
無料
posted withアプリーチ

※招待コードの入力方法は、こちら をタップして下さい。

ABOUT ME
すず
脱サラしてブロガーに転身した26歳すずです。キーエンスを辞めたくて、資産運用を開始。つみたてNISA→国内・米国株を3年経験、2020年に初めてビットコインを購入。「仮想通貨に興味があるんだけど、何からすればいいかな?」そんな友人に勧められるブログを運営します☆「まわりに仮想通貨をしている人がいないから聞ける人がいない…」こんな方は質問など気楽にリプやDMお待ちしています!私も仮想通貨を始めた頃は心細かったので、そんな方たちをサポートしたいです^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA