仮想通貨の始め方

【送付手数料0円】GMOコイン口座開設方法

今回は【送付手数料0円】GMOコイン口座開設方法について解説していきます。

今回の記事はこんな人にオススメです。

  • GMOコインの口座開設方法を検討している人
  • GMOコインの口座開設方法を知りたい人
  • 仮想通貨の送付手数料を0円で済ませたい人

結論から言うと…

GMOコインは、口座を持っておきたい優良な国内取引所の1つ

です!!!

仮想通貨初心者さんには、操作方法が分かりやすいコインチェックビットフライヤーをオススメしています。

しかし…

仮想通貨投資に徐々に慣れてきたら、それぞれの取引所の強みを利用して、取引所を使い分けるということが大切です。

そして、私が考えるGMOコインの強みは、仮想通貨の送付手数料が0円であるところです。

すず

仮想通貨を送るときの手数料が高いんだよな~…

仮想通貨投資に慣れてくると、他の取引所やサービスに仮想通貨を送付する場面が出てきます。

その際の送付手数料ですが、実は2,000~3,000円ほどかかってしまうケースがあるんです…

せっかく資産を増やすために、投資を行っているのに、高い手数料を払っていたら、意味がありません!!!

そんな悩みを解決してくれるのが、送付手数料0円のGMOコインということなのです。

GMOコインを利用することで、どれぐらいの手数料を削減することができるのか確認してみましょう!

口座開設方法だけ知りたい方は こちら をタップして、ジャンプしてください。

∞ ∞ ∞

∞ ∞ ∞

最大メリット】送付手数料0円

先述していますが、GMOコインの最大の強み(メリット)は仮想通貨の送付手数料が0円だということです。

『一部の通貨のみ手数料0円』という取引所は他にもあるのですが、GMOコインは2022/04時点ですべての通貨が送付手数料0円となっています。

送付手数料0円ってそんなにすごいの?

実際にお財布から手数料として、お金を支払うのであれば、実感が湧くかもしれません。

ただし、仮想通貨の場合は、あくまでも画面上の数字なので、いちいち計算していない人も多いのです…

すず

想像以上に手数料を払っているかもしれませんよ…?

そこで…、以下のような比較表を作成してみたので、実際に確認してみましょう。

■ビットコイン送付手数料

以下は、代表的な国内取引所からビットコインを送付する際に必要な手数料を比較した一覧です。

GMOコイン以外の3社は、ビットコインを送付する際、2,000~3,000円の送付手数料が必要になります。

■イーサリアム送付手数料

イーサリアムでも同様に、高い送付手数料が必要になります。

送るだけなのに結構高いんだね…

そのため、仮想通貨をどこかへ送付する必要がある際は、GMOコインを利用するのが最適と言えるのです。

>>【無料】GMOコインを見てみる

また、もうひとつ嬉しいポイントとしては、口座開設の申請を行ってから最短10分で取引を開始することができます。

審査にも時間がかからないため、「口座開設めんどくさいな~」と思う方でも、さくっと済ませることが可能です。

以上、GMOコインのメリットが理解できたところで、さっそく口座開設に進んでいきましょう。

口座開設の手順

まずは公式HPにアクセスします。

\ 公式HPを見てみる /

① 口座開設登録を行う

メールアドレスを入力し、【口座開設(無料)を申し込む】をタップします。

パスワードを決めたら、【設定する】をタップします。

『メールアドレス』と『パスワード』を入力し、【ログイン】をタップします。

電話番号による認証を行いますので、【コードを送信】をタップします。

確認画面が表示されるので、【コードを送信する】をタップします。

すぐにコードが記載されたSMSが届きますので、そのコードを入力します。

コードの入力が完了すると、基本情報の入力に進みますので、【開設申込へ進む】をタップします。

② 基本情報の入力を行う

以下、必須項目の入力を行います。

以下、選択ができたら【次へ】をタップします。

利用規約等の確認が完了したら、すべてにチェックを入れて、【口座開設申込】をタップします。

③ 本人確認書類の提出を行う

本人確認のための資料を提出します。

対応資料は以下となりますので、事前に準備しておきましょう。

  • 運転免許証
  • 特別永住者証明書
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 在留カード
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)
  • 運転経歴証明書

最短審査が10分で完了するので、【かんたん本人確認】を選択します。

本人確認のための流れが記載されているので、【本人確認を始める】をタップします。

ご自身がお持ちの本人確認書類を選択します。

すず

私は運転免許証を選択しました

確認書類の提出と顔写真の撮影が完了したら、すぐに審査に行われます。

すず

GMOコインは最短10分で審査が完了します

審査が完了すればメールが届きますが、進捗を確認したい場合は【会員ホーム画面へ】をタップします。

申請直後は下記の状態になっています。

内容に不備ありで上手くいかない場合

稀に、【かんたん本人確認】が上手くいかないケースがあるようです。その場合は【画像アップロード】を選択しましょう。先述している確認書類の画像を2点アップするのみで審査を進められることができます。

その場合、口座開設コードは郵送扱いになりますが、数日で届きます。【かんたん本人確認】に失敗する場合は、こちらで対策しましょう。

③ 口座開設コードを入力する

無事に口座開設が完了すると、下記のようなメールが届きます。

メール内に『口座開設コード』が記載されているのでコピーします。

公式サイトより、再度ログインを行い、先ほどコピーした『口座開設コード』を貼り付けて、【口座開設】をタップします。

2段階認証として、SMSにて認証コードが送付されます。

すぐに届きますので、コードを入力し、【認証する】をタップする。

以上で、GMOコインの口座開設は完了です。

『かんたん本人確認』の場合だと、最短10分で取引を開始することができます。

仮想通貨の送付手数料は、”隠れコスト”です。

せっかく資産を増やすために、仮想通貨投資を行っていても、手数料を多く支払っていると、なかなか利益を出すことができません。

GMOコインであれば、仮想通貨の送付手数料が0円なので、余計なコストを削減することができます。

仮想通貨投資に慣れてくると、どこかへ仮想通貨を送付する必要のある場面はいずれやってきます。

今後、無駄な手数料を支払うことのないように、早めに口座開設しておきましょう。

\ 公式HPを見てみる /

- - -

以上で、【送付手数料0円】GMOコインの口座開設方法についての説明を終わります♩

ABOUT ME
すず
脱サラしてブロガーに転身した26歳すずです。キーエンスを辞めたくて、資産運用を開始。つみたてNISA→国内・米国株を3年経験、2020年に初めてビットコインを購入。「仮想通貨に興味があるんだけど、何からすればいいかな?」そんな友人に勧められるブログを運営します☆「まわりに仮想通貨をしている人がいないから聞ける人がいない…」こんな方は質問など気楽にリプやDMお待ちしています!私も仮想通貨を始めた頃は心細かったので、そんな方たちをサポートしたいです^^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA